本当に有難いことに、
この3月は毎週のようにあそび場づくりに
出動する機会があります。

第一弾は、
大人気屋内型子どもの遊び場「Hiタッチらんど・ハレニコ!」がある
イトーヨーカ堂日立店様へ!
ご依頼頂いた山形さん、ありがとうございました😊

今回は初の商業施設内(しかも4階)にあそび場をつくるということで、
どのようになるのか数日前からドキドキしっぱなしで
前日などはまともに夜も眠れませんでした🥱が、

ハレニコのスタッフさんの全面協力のおかげもあり、
終始子どもの姿が尽きないあそび場になっていました🤗

開店1時間半前に現場入りからの台車で何往復かして荷物を上階へあげてあそび場準備。

普段の道路や公園などの地面と違ったツルツルな床に対応しつつ他のお客さんも通ることも意識しての場づくり。

安全管理,ゾーニング,動線の確保,感染症予防対策などなど.
今までの経験やノウハウを最大限に発揮して場の運営を行いました。

始まってみると、ハレニコにあそびに来た子どもたち、通りすがりの親子連れ、噂を聞きつけてあそびに来てくれた子などもいて

まちのこ団オリジナルの玩具や遊具,懐かしの昔あそび、
珍しいグッズや楽器などを思い思い楽しんでいってくれていました✨

そしてあそび場に来てくれた親子からの差し入れもすごく嬉しかった🥪
帰りの車の中でホクホクしっぱなしでした☺️

今回の感想は、
対象の制限をせずに、ふらっと来て好きなタイミングで出入りできるハードルの低さもぼくたちの場づくりの強味なのかなと感じています。

しかもそこで伝えられることが多い!

遊具や道具は1人一つでなく、一つを何人かで、という制約があることでコミュニケーションも自然と生まれ、
かつ用いる素材が自然なものが多いからこそ、親も丁寧に扱うことでそれを見ている子どもも扱い方を身につけていっている。

自然素材(有機物)をメインに
手触り感や温度感…匂いも含め五感で感じられるものを大切にしているぼくらの想いは、
角のない安全安心な「キレイなモノ」を求める層には合わないかもしれないが、

これからの時代にますます重要なのはこの辺りだと信じているからこそ続けていきます。

今回、そういった意味でも、屋内においても
外で遊ぶかのような体験ができる場を用意できたことは本当に良かったと思います。
まだまだ改善すべき点はとても多いですが、
それも走りながら善くしていけたらと思います。

長くなりましたが、
次回は14日ホワイトデーに
ひたちなか市の勝田TAMARIBA横丁へ!


ボランティアも募集してます♪
ご興味のある方はDMください😊


団長からは以上です!


0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。